期間縛り無し!解約金無し!快適レンタルSIMが月額2980円~【FUJI SIM】

You Tube有料版「You Tube Premium」はコスパ抜群なので会員になる価値あり

アプリ

「You Tube Premium」をおすすめされ、3ヶ月無料ということで試してみたところ、快適過ぎて他の人にも奨めたくなってので、「You Tube Premium」のどんな点がおすすめなのか?をご紹介します!笑

広告無しで無駄な時間を削減

大したことないように思えるのですが、広告無しはかなり大きなメリットです!!「広告の数秒くらい我慢できる」んなんて思っていたのですが、実際に広告無しを体験してみると

もう広告は我慢できない!
それぐらい快適!!

もう無料版に戻れる気がしません・・・笑
最初の数秒の広告が無いというだけで全然快適さが違うことに驚きました。また無料版の場合、動画の長さによっては途中で再度広告が入るので、良い所で集中力が切れるのが結構なストレスです。

特に私の場合は、「学び系」や「ストレッチ系」のYou Tubeを見るので、広告が間に挟まるとかなりストレス!笑

まさに「You Tube Premium」のCMの通りなんですが、素直にPremium会員になって満足しています。

音楽聴き放題・MVも見放題

広告が無くなるだけだとあまり魅力を感じなかったのですが、併せて「音楽聴き放題」という点が魅力でした。

少し過去の経緯をお話すると、以前は「Google Play Music」という単独の音楽ストリーミングサービスを提供していたのですが、それがYou Tubeと統合し「You Tube Music」になりました。「You Tube Premium」会員になると音楽ストリーミングも利用できるのは知らなかったので、これはコスパがかなり良いと感じます。

今まで私自身は「Spotify」の有料会員だったのですが、解約して「You Tube Music」で音楽を楽しんでいます。

また「曲」と「動画」を1タップで切り替えられるので、気分や状況に合わせて好きな方を聴いたり視聴できたりできるのも最高です。(その分通信量もかかりますけど)

オフライン再生機能

予め一時的にダウンロードすることで、インターネットに接続しなくても視聴できます。朝の通勤時間などはインターネット回線が混雑しやすいので、予め見たい動画をダウンロードしておいて快適に視聴ということも可能です!

バックグラウンド再生機能

他のアプリの操作をしながら視聴できます!!無料版であれば、You Tubeアプリを常に開いている必要があり、他のアプリでの操作時やスリープにすると、視聴が止まってしまいます。バックグラウンド再生のある無しで快適さが断然変わってきます!

2021年末まで3ヶ月無料のお試し期間

2021年12月31日までは3ヶ月無料で利用できるので、とりあえずお試してで使ってみて、合わなければ解約!くらい軽い気持ちで全然大丈夫です。とりあえず広告無しの快適さを数ヶ月だけ享受するするのも大いにアリです。

広告ありに戻れなくなったらごめん

注意:iPhoneユーザーはApple Storeから課金は割高

Apple Store利用料?みたいなものだそうで、

  • Apple Storeから ⇒ 1,580円
  • ブラウザ経由やAndroid ⇒ 1,180円

と、年間5000円近く変わってきます。

Premium会員になる際はブラウザ(Safariなど)経由からの課金をおすすめします。いろいろややこしいのですが、安くしたい方は支払額が1,180円であれば問題ありません。ご注意ください。

まとめ:有料会員でストリーミングの時間をより良く

今や30代以下の世代はほとんどテレビを見なくなっており(私のも周りもテレビを見ない人が増えてきました)、代わりにYou Tubeなどの「動画ストリーミングサービス」で情報を得たり、エンタメとして楽しんだりしている人が増えてきています。

「見たい番組にはお金を払う」という考え方も浸透してきているようで、抵抗も徐々に無くなりつつあると感じます。

最近はYou Tubeでも質の高い動画が多く、特に勉強系であれば広告無しになるとかなり時短になります。エンタメ系だと次々とおもしろそうな動画を見てまうので気をつけないとですね(笑)。何より数ある番組の中から自分が興味のある番組だけを見ればよいので、満足度が高くなります。

一方、テレビはごく一部の番組を除いて、「全然おもしろくない」というのが本音です。そして漏れなく広告(CM)も付いてくるので、おもしろくない上に煩わしいなら、若者のテレビ離れというのも無理はないかなと思ってしまいます。

最近は世の中が便利になったが故に、気がつけばあっという間に時間が過ぎてしまいがちです。限られた時間をより有意義にするためにも、時間短縮や快適になるシステムを活用することで少しでもよい時間になるのなら、積極的に活用していきたいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました